飲食店で集客する方法を伝授|賢くアピール

婦人

海外で会社設立を実行

握手

会社経営を行うための許可

香港で会社設立を行うならば、経営管理ビザを取得しなければなりません。香港でも事業を展開できる経営管理ビザを取得する経営者やオーナーが増えてきています。その理由としてはやはり香港が東南アジアにおける経済の中心といえるからでしょう。そのため香港の経営管理ビザを取得する事業が増えており、インドネシアなどのアジア諸国での事業展開をスムーズなものにしています。その際には経営管理ビザの有効な機関などをしっかり把握しておかなければなりません。こういったビザは個人が働く際に取得する就労ビザとは違い、経営管理を行う人々の在留許可という形になります。さらにいうと投資の一環という扱いにもなっているので、資産運用を行うための手続きも含んでビザの取得は行われていくのです。基本的に期間は一年と定められており、毎年ビザを更新していくことになります。就労ビザとあまり期間が変わらないと思うかもしれませんが、行うべき手続きはとても多いので時間を多めに確保しておきましょう。香港という国にとって外資系である日本企業の経営を許可するということは、国内雇用を増やすということにつながっていきます。そのため香港側としても大きなメリットがあるので、香港での会社設立自体は意外と簡単に進めていくことができるのです。そういった事情があるので、現地の人に取締役になってもらうなど現地雇用を意識した事業にすると上手く話が進んでいくことでしょう。